--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/02/05 (Sun) 23:50
貴様に伝えたい俺のこの「kimochi」に関して

自己を少しずつ確立できつつある。

欲望には打ち勝てている。部屋もまあまあ綺麗だ。



コールタールとは色んな要素から成っており様々な意味があると思われるが、

今の段階で一言で表現するならば、

「自分に都合の良くない事」と表現できよう…。
(最近聴いているバンドの歌詞から拝借)

そのバンドの言葉をもっと借りて言えば、

「自分に都合の良くない事は全部自分のせい」なのだと。

よって自分を良い方向に変える、つまり自己改善する必要がある。

自己改善により毎日を大切に生きないといけないのだ。

要は空想丸様の思想に辿り着く。

そしてトップページに記載されているある御言葉が目に入る。

「最高の人生をつくる」と。

最高の人生をつくるためのほんの最低限の手段として禁欲があるのだろう。

当人がそれを意識するか否かは関係なく。

仮に意識して取り組んでいても、それをある一定期間継続していると

それなりの生命力を得つつ、ある事象に気付く。

禁欲を意識していること自体が時間の無駄だ、前に進めと。

自分の置かれた状況でやるべきことをやらないとだめだと。

それにさえ気付けば見ていた禁欲関連の記事を閉じて、

「現実」に意識をフォーカスできるのだろう。

あとはいかにしてその密度を濃くしていけるか。

そこの差で各々の人生のベクトルや結果は変わってくるのかなと思い始めています。

モーフィアス氏曰く「扉の開け方は人によって違う」とのことなので、

まずは自分の持っているカギに気付かないといけないのでしょう。

皆様も日常の中で、「何かがおかしい」「世界が違う」と疑問に思ったことはあるかと思います。

「一体何が正義なのか」と。

それを自問自答し続けることで各々の答えは出ると思います。

もっと言うと答え、カギは最初から皆様自身が知っているかと思います。

どうしたらもっと良くなるのかは心の奥底ではわかっている。

でもなかなかそれを実践できない…

それをやりはじめたとき、行動したとき、本当に人は変われるのだと思います。


まあこんなことを綴っている時点で自分すらまだフォーカスできていないのでしょうが。


以上は何の根拠もなく、勝手に湧いてきたインスピレーションですので、

あまりお気にされないようお願い致します。





最近更新頻度を落とされている、更新停止されるブロガの方が

増えているのも、今思えば何か納得のいく現象です。

こういった現象が続いているのはやはり禁欲という概念は忘れないといけないということなのでしょうか。


自分はこの世界でいうといわゆる「卒業」した人間なのでしょうが、

またこのしょーもない世界(笑)に戻ってきてしまっている。

今までにないパターンかと思います。

おそらく自分だけが先に進むのはどうなのかという意識があったのかもしれません。

禁欲ブログをされている方々、読まれている方々、毎日己と必死に戦っている方々、

ぜんぶひっくるめた、「同志」に何か伝えたいことがあったのだと思います。


まあ自身の活路は見出せつつあります。

そのうち私も消えるかと思います。



インスピにより話はコロコロと変わりますが、


昔、美人を前にするとやたら緊張してオドオドしている馬鹿な自分がいました。

現在の自分は一切そういうことがない。

どんなに美人だろうがイケメンだろうが偉い役職の方だろうが媚びたりすることなく、

堂々と接することができるようになりました。

それは禁欲による自己の心境の変化、及び姿勢を正すということを実践してきたからでしょうか。


美人に関して述べると、

世に出てる女性は当然ですが、大半はそれはそれは見事なまでのぶ厚い化粧をされております。笑

私の経験上、化粧を取った女性の顔でまともに見れる顔なんてほとんどないです。

よっぽど元から美貌の方を除いては。(女性差別的発言お許しください。無知な自己の勝手な思想です)

文字通り化粧、それは化けて各々の自己を装っており、要は「虚構」、「虚無」だと思います。

要は嘘(うそ)、偽りなのです。

負のマトリックスと同じだと思われます。

そんなものを毎回見る度、視界に入る度に、
いちいち欲情していたら命が何年あったってきりがないでしょう。

人間は美を追求する生物だからある種仕方のない部分はあるかと思いますが。

限りある命。貴重な命を使うのはそんなことであってはいけないと思います。

実際、女性にも汚い部分はあると思います。

その事実を受け入れないといけないと思います。

勝手に世の男性は女性を神格化しているだけなのではないでしょうか。。

そういった「事実」に気付いた方がいいと思います。

私は自分の作った虚無の記録の中で、

女性の汚い部分を幾度となく見てきましたし、知りました。

それに気付けたこと自体が、禁欲で得たものかもしれませんね。


過去を振り返って737日だったとかほざいて計算している自分が非常に情けないです。

日数なんて数えるものじゃないです。

皆様、禁欲を終わらせましょう。

そしてこの素晴らしい世界で誰よりも俺は生きた!!と言えるような
最高の人生をつくりましょう。

何かうまくまとまってなくて申し訳ないです。

今日の拙い文章で御一人にでも何かが伝わっていれば幸いです。

読んで頂きまして誠に有難う御座いました。


本当に日々感謝です。
スポンサーサイト

<< やさしさ | ホーム | 開戦前夜のあのカンジ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。